<< 我が家の英語子育てについて | main | Fun&Fantasy 1-Aも聞いています。 >>
大きくなった長男の英語学習方法
ネイティブ用教材である、CTP絵本を使っての「お家で英語」
「学習」には、小さすぎる3歳以下のお子さんを対象に考えています。

長男は、年中(5才)。
ただ英語を聞き流すには大きく育ちすぎました。

「英語子育て」と共通する「お家で英語」の要素は
自然な英語を沢山聞くこと。
なので、次男と一緒にCTP絵本(SOCIAL STUDIES 1-A)を
聞いています。
(歌が大好きな二人なので、CHARACTER BUILDERS と一緒に録音しています)

では、英語子育てにはちょっと出遅れた長男は不利なのでしょうか。
いいえ、彼は言葉で理解することが出来る年齢になっています。
日本語の理解力もあります。

ひらがな、カタカナを読めるようになり、
文字に対する興味がとても強くなっていると感じます。

日本語の絵本は読めるようになったので、
英語の本も読みたいようです。

英語のインプットが充分では無かった長男に
英語が出来るように(英語が出来るって広すぎる目標ですね)
したいと思った私は、どんなことをすればよいのか考えました。

日本で英語を学ぶときに子供にすることは、
なるべく早く文字で英語を読めるようにしてあげることなのです。

基本的にどこの英会話教室でも
子供達にPHONICSを教えていると思います。
学んだPHONICSでどの位の文章を読むかは、かなり教室により違います。

ルールを学び、軽く問題を行いおしまい。

という教室が多いと思います。
会話の練習が主体になっているからです。

通常、英語教室では、

語彙
会話
PHONICS(又はアルファベット)

この3本立てで授業が行われています。

PHONICS学習は、ルールを覚えることに重点が置かれ
そのルールを利用した読み物を使うことは少ないようです。

長男が「英語子育て」には遅く、
「学習タイプ」へと変更するには、
どんな物を行えばよいのか

「英語子育て」後には、どうするのか
一足先に(予定外に)考える必要が出ました。

サイトワードとPHONICS

これがキーワードです。
カテゴリ:CTP絵本で英語子育て | 17:12 | comments(0) | -
コメント
コメントする