<< CTP絵本の効果的な使い方 | main | オックスフォード リーディングツリーとCTP絵本の違い >>
PHONICSについて
PHONICSの勉強について

英語の勉強(インプット?)はこんな感じでイメージしております。

1:英語をたくさん聞かせる時期
2:英語の語尾をまねる時期
3:英語をまねる時期
4:暗唱する時期
5:自分で読める時期
6:英語で知識を得る時期

4番、5番、6番はかなり大ざっぱですね。

1:の英語をたくさん聞かせる時期の英語は
何でも良いのです。
英語のラジオでも。
本当にたくさんの英語を聞かせてあげたいので
本当は、CTP絵本のSCIENCE1-Aだけだと少ないなぁって
感じます。

なので、CHARACTER BUILDERSをお勧めしました。
手に入りやすいし、歌だし、

後々、PHONICSで使うと事を考えると
Dr.Maggie'sのCDも良いかな

英語の暗唱も始まるとお子さんの年齢にもよりますが
だいたい、文字に興味を持ちます。

このタイミングでアルファベット!です。
本人が興味を持たない時に始めると大変です。
教えるのが。

PHONICSの学習では、まずアルファベットを教えます。

アルファベットを覚えていないと、PHONICSの覚えもいまいちですね。
(実体験)

アルファベットの勉強は、
何でもいいんです。
本を使って下さい。
後で調べて載せておきますね。
お勧めの本。

アルファベットの本を2冊、
お勧めに追加しました。


ブロックブックもいいです。
バラバラですから、順番に並べたり
次はどれ?ってクイズ式にさりげなく勉強できます。

SIGHT WORDは
PHONICSのルールに当てはまらない単語です。
見て覚える単語、ということなのですが
極一般的な単語ばかりなので、
CTP絵本を進めるうちに覚えると思います。
(CTP社からもSIGHT WORDシリーズが発売になりました)

また、Dr.Magige'sのシリーズには、
最後のページにでてきたPhonicsのルールとsight wordが
載っていて、分かりやすくなっています。

Dr.Maggie'sはぎゅう〜っと濃縮した感じなので
あっさりと1冊1ルールがいい
という方には
CTP社のItty Bitty Phonics Readersのシリーズがお勧めです。

焦らず、まずはアルファベットから

そしてPHINICSのシリーズへと進めて下さいね。

MUM'Sのサイトでは、
購入後メールでのサポートをしています。
サイトのあちこちにメールするところがあります。
お待ちしています。

最近、英文のハンドルネームがサイトとリンクしている
コメントが多く見られ、コメントを受け付けないようにしています。
ごめんなさい。







カテゴリ:CTP絵本で英語子育て | 06:59 | - | -