<< CTP絵本と併用している絵辞典 | main | フォニックスの前にすること >>
日本語版指導書について
CTP絵本はアメリカの小学校で使われている教材です。

さすがにネイティブ用の教材のため、英語が違う。
分からないとかではなく(見栄を張りました、すいません)
やっぱり、分からないところがあります。

そこで、「日本語版指導書」なのです。

すごく、気になりますよね。

実際私は、CTP絵本を使って教室を開こうと思っていたので
「日本語版指導書」の存在を知って、すぐに買いました。

訳と、裏表紙の訳?と言う感じでしょうか。

内容的にも、元々は小学校の教材ということで
ある程度の年齢の、グループ向けのアクティビティかな・・・
と思いました。

一般的にイメージする英語教室には、確かに使える内容です。

英語子育てではアクティビティはあまりできないし
(日本語も話せないお子さんが多いですよね)
人数は、兄弟だけだと少ないし・・・、

そんな理由でお取り扱いを見送っておりました。

私だって買ったのだから、
欲しい方、ほかにもいらっしゃいますよね。

1セットにつき1冊、500円というお値段が少し高いかなぁ。

園児、小学生のお子さまがいらっしゃる家庭では
使えるアクティビティも多いと思います。

ちょっと、MUM'S BOOKSTOREの店番日記風になってしまってごめんなさい。

でも、日本語版指導書
気になる存在だと思ったのです。

あれば安心。
なくても、いける。

そんな感じです。

(今は日本語版指導書販売は、在庫処分だけになっています。
今後、MUM'S ENGLISHの日本語訳が制作される事になっています)



カテゴリ:CTP絵本で英語子育て | 23:41 | - | -