<< 日本語版指導書について | main | 「ハイジ」で学ぶ、言葉の覚え方 >>
フォニックスの前にすること
CTP絵本で英語子育てにもいろいろな流れがあるようです。

レベル1から始める
レベル2から始める
フォニックスを一緒に進める

等々です。

さて、居候中の我が家では
CTP絵本の大部分が行方不明です。
(荷ほどき・・できないためですが)

6月の中旬には、家が出来て
(プラモデルのようにぱたぱたと、家が出来る様子は・・・・
でも、地盤改良工事はしましたよ!新潟は地盤が軟らかいのです。
大昔は海の底だったとか)
引っ越しが出来る!荷物が出せる!
その時には、我が家では
レベル2とphonicsを始めようと思っています。
レベル1は年長の長男に、物足りないようです。

そのため、今はブロックブックを与え
アルファベットを覚えています。
フォニックスを始める下準備です。

書けるようになる必要はないです。
アルファベットが読めたらOKです。

ブロックブックを与え・・・

という表現はピッタリで
ブロックブックで遊ぶ長男に
時々、アルファベットを家事と仕事の合間に教える(というか、言う)
それだけなんです。

やっぱり、子供の脳って違うんですね。
すぐに覚えました。
今は、ブロックブックの中のページをめくり単語を覚えている所です。

身近におくだけで英語が身に付く
(ちょっと手伝いは必要だけど)
理想的です。
お金もかからないし(これは本当に大切)

私、けちなので
コストパフォーマンスという言葉が大好きです。

高くて旨いは当たり前、
この値段でこの味なら満足・・・
というのが、コストパフォーマンスが高いと言うのでしょうか。

これって、正しい使い方なのかなぁ。
経済が専門の方、間違ってたらすいません。

お得感や一粒で2度おいしいって
大好きです。
アルファベットを覚える程度で教室に通うのはもったいないと思うのです。

楽しいですけどね。


カテゴリ:CTP絵本で英語子育て | 05:02 | - | -