<< フォニックスの前にすること | main | SCIENCE 1A 英語の内容が充実してます >>
「ハイジ」で学ぶ、言葉の覚え方
居候中の実家では、BS放送で「ハイジ」を見ています。
母も私も毎日涙しています。
(昨日、フランクフルトから白パンやおじいさんへの土産のたばこを持って帰ったところです)

さて、
ハイジは学校に通ったことがなく
フランクフルトのお屋敷では、
クララの家庭教師が言葉を教えてくれました。
毎日、アルファベットを習うのですが
ハイジの頭は、スイスの山やおじいさん、ぺーたーや山羊のユキちゃんのことで一杯で
全然覚えられないのです。

そこへクララのおばあさまが来てくれました。
とっても優しくて、子供の気持ちを理解してくれたおばあさまは
ハイジに絵本を読んで聴かせてくれたのです。
絵本を読んでもらい、絵本の挿し絵を頼りに
ハイジは、文字を覚えるどころか
本を読んでしまいます。

文字を覚えるのは何のためか
それは楽しいお話を読むため。

子供の頃は、あまり詳しいお話を覚えていなかったので
ハイジのそんな、言葉に関する出来事を覚えていませんでした。

なんだか、すごくピーンと来ました。

そうですよね。CTP絵本をすごく似ていると思ったのです。

音を聞き、絵を頼りに
本を読めるようになり、朗読へと続いている・・

絵本を読んであげるときの
興味津々な子供達の表情
眺めているだけでも楽しいです。
(読んでいるのは私なので、ちらっとしか見えませんが・・・)




カテゴリ:英語子育て日記 | 05:42 | - | -